音楽写真家 木之下晃

写真家、木之下晃は、1960年代から半世紀にわたり一貫して、『音楽を撮る』をテーマに撮影をしてきました。その写真については「音楽が聴こえる」と、ヘルベルト・フォン・カラヤンをはじめ、レナード・バーンスタイン、ロリン・マゼール、ズービン・メータなど音楽関係者から高い評価を得ています。

木之下が撮影した3万本を超える膨大なフィルムを管理・保存するために「木之下晃アーカイヴス」を設立。 このホームページでは、写真の紹介とともに撮影エピソードなども紹介していきたいと考えています。

メディアや展示の企画、その他でお探しの写真がある方は、個人・法人を問わず、どうぞお気軽にお問い合わせください。

最新情報

2020.01.16
東海市芸術劇場『木之下晃メモリアル』2020
2019.12.05
JCIIフォトサロン コレクション展
2019.10.31
『かまくら春秋』前後篇
2019.09.18
寿齢讃歌‐人生のマエストロ‐写真展14
2019.09.06
『かまくら春秋』父母の肖像に「木之下晃」
Maria Callas
Maria Callas
top